離婚相談で残った財産や債務

離婚時に残っている財産や債務は原則二人に平等に分ける事もあります。どちらか一方にしか収入がなかったとしてもそれは二人で作った収入とされますが離婚の理由によっては財産分与の比率が変わってくる事もあります。

離婚で相談すべき財産

離婚時に財産は原則均等に分け合うようになっているのは夫婦の収入は協力して築いた物であるとされているからです。どちらか一方が家事や育児に専念して収入を得ていなかったとしても、収入を得ている配偶者の代わりに家庭内の仕事をこなしています。配偶者の協力があって収入を得ているので、家事に専念していた方の人にも財産を半分受け取る権利があるのです。財産だけでなく債務に関しても同じでどちらか一方の名義で借りている債務があった場合、それの債務が家庭の維持の為に借りた物であればその債務も平等に割り振られるようになっています。その債務が家庭には関係ない勝手な都合で出来た債務であった場合は半分ずつ割り振られない場合もあります。離婚の相談をする際はそれらのこともよく話し合いましょう。

不貞行為等があった場合

財産は原則半分に分けられますが、その比率が変わる場合があります。それはどちらかに不貞行為などがあった場合です。離婚する時の理由がどちらかの浮気や家庭内暴力であったりした場合、過失があった方の比率が下げられる事があります。最終的には法的な判断で過失が認められるか判断されます。お互いの主張を法的に認めてもらう為にはしっかり、その根拠や証拠を提示しなくてはならないので弁護士などの専門家に依頼して離婚調停が行われるケースが多いです。しかしそうなると費用がかかる為にお互いの同意のもとで離婚の原因がどうであれ慰謝料の請求もせず、財産分与も均等に行うようにするケースもあります。ただ過失がある側がこれを強要する事は許されません。

慰謝料や親権についての離婚相談

どちらか一方に不貞行為があった場合財産分与の比率を変えられるだけでなく、慰謝料を請求する事もできます。慰謝料を請求できる条件は様々ですが離婚を至る原因を作ったり、相手に過失がないにも関わらず一方的に離婚をする場合は慰謝料を請求されてそれが認められる事が多いです。しかし慰謝料の請求が認められるかは様々な要素を総合的に判断して決められるので、一概にこのケースなら慰謝料の請求が認められると簡単に言えるものではありません。慰謝料の請求とは別に子供がいた場合、お互いが親権を出張した場合はどちらに親権が渡るかも争われます。この判断は離婚後子供が暮らしていくのに問題がない環境を作る事が求められるので離婚後の収入や生活の環境などが判断基準になります。