離婚は相談で確実に

夫婦関係に問題が発生してしまい離婚を相談したいと考えている人が多くいらっしゃいます。離婚が簡単にできるのなら良いのですが、しかし法律によって守られている契約でもあるため簡単にはできません。確実に離婚をするためにもどうしたら良いのかを知り実行することがオススメです。
ではどうすると確実に離婚できるのしょうか。

有責にならないことが最も大事

離婚の相談時に最も大事なのが有責にならないことです。離婚は両方の同意がある場合、もしくは裁判によって認められた場合にできるようになります。お互いに離婚を認めるのなら良いけれども、しかし認めてくれない場合は調停そして裁判が必要となります。どちらが一方的に悪いわけではない場合、どちらからでも離婚請求することができ調停と裁判が可能になります。
しかし不倫や暴力などがあると有責となり、その人からの請求が認められなくなります。そうなれば確実に離婚できる状況ではなくなりますので、有責になることは避けなければいけません。ただ、有責からも一定の条件をクリアしていれば請求可能になる可能性が出てきます。しかし条件クリアは非常に難しく、有責になってから長い年月必要となるため難しいと判断しておきましょう。

相手の条件を飲むことも大事

有責離婚ではない場合も確実に離婚できるわけではなく、離婚請求内容によって認められないケースもあります。特に性格の不一致は離婚する理由で多いけれども裁判では認められていない理由なため、離婚するためにも協議もしくは調停で成立させる必要が出てきます。
協議と調停は、話し合いによる解決の方法なのですが、この時に一方的な条件提示はよくありません。自分が望んだ通りに離婚したいのはわかるけれども、しかし相手が納得しなければ離婚できない可能性が出てしまいます。離婚の可能性を高めるためにも、相手の条件も飲む必要が出てきます。どうしても無理な部分もありますが、大きな問題にならないような条件なら飲んで相手が納得できるようにすることがオススメです。

最悪長期別居をしよう

協議そして調停で成立しなければ裁判となるのですが、離婚が認められなかったらその時点では離婚できません。そうなるとそのまま一緒に生活しなければいけないのかというとそうではなく、あくまでも離婚できないだけで別居は可能です。短期の別居は大きな影響を与えませんが、長期の別居になれば話が変わります。
長期間別居は、夫婦関係が破綻したと判断されるようになり裁判で認められるようになります。今すぐ離婚できる方法ではありませんが、裁判で認めてもらうためにも必要な行動の一つでもあるので、最悪別居することを検討してください。
離婚は相談を進めても、直ぐにできる夫婦もいれば長期間争いが必要な夫婦もいらっしゃいます。簡単にできることではないことと時間が必要なことを理解してから行動しましょう。

弁護士につきましては、担当を女性・男性と希望することが可能となっております。 離婚問題で悩まれているあなたへ。離婚問題でこれ以上悩んで欲しくない私たちが精一杯サポートいたします。 当事務所はご依頼者様のことを第一に考え最良のサポートを心がけております。 小さなお子様をお連れの方でも安心出来るオムツ替えベッドをご用意しているオフィスもございます。 離婚問題でお悩みの方は当社にご相談ください